ミラ・ジーノの安全性

ミラ・ジーノの凄いところは、国内および欧州の衝突安全基準を余裕でクリアしたのはもちろん、世界で実施されている厳しい試験法を組み合わせた衝突実験においても十分な生存空間を確保しています。

さらに、ダイハツでは多様な交通事故を考慮して独自の目標を設定し、実際の事故に極めて近い「クルマ対クルマ」衝突実験を行って、高い衝突安全性能を目指しています。

ミラ・ジーノポイント1
新骨格構造
サイドメンバーのストレート化および強化を図るとともに、衝撃分散式ボディ構造や高張力鋼板の採用などにより、衝撃吸収性能の向上や強固なキャビンの実現と軽量化を両立。さらなる進化を遂げました。

ミラ・ジーノポイント2
クルマ対クルマの衝突安全性能
自車よりも重い乗用車を相手車両として、50km/h同士で前面衝突実験および側面衝突実験を行った結果、十分な生存空間が確保され、高い安全性が実証されました。

ミラ・ジーノポイント3
多様な角度からの衝突実験
世界最高水準の前面フルラップ55km/h、前面オフセット64km/h、側面55km/h、後面50km/hの衝突実験を実施。いずれの角度からの実験においても、室内には十分な生存空間が確保されていることが実証されました。

ミラ・ジーノ
ポイント4
歩行者への傷害を軽減するボディ
万一の対人事故を考慮して、歩行者傷害軽減ボディを採用しました。歩行者の傷害を軽減するために、フードやフェンダー、フードヒンジ、ワイパーピボットの各所に衝撃緩和装置・吸収スペースを設けることで、歩行者保護性能をより高めています。

ミラ・ジーノポイント5
衝撃感知安全システム
衝突時にセンサーが衝撃を感知するとドアロックを解除、ハザードランプ点滅、ルームランプ点灯、ドームランプ点灯を行うことで、二次災害を最小限にとどめます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。